現代作家の絵本から

だぶだぶ仲間森へいく

けん坊は、いつもお兄さんのお古の洋服を、だぶだぶさせて歩いています。
今日も格好が悪いやと、ふくれて歩いていると、犬や猫や鳩さんが、けん坊の洋服へ仲間入りしてきました。
「さあ、森へ探検に行こう!」
ところが森には狼が・・・・・。
生の人間と人形が同じ舞台で演じるスケールの大きな、スリルのある人形劇です。

なかのひろたか(「だぶだぶ」福音館書店刊)
脚色 吉田清治
演出 西村和子
美術 藤井加代子
山田暁美
上演時間 約25分