イタリアの昔話より

鬼のおくりもの

ぐずぐずしていて、叱られてばかりいるグズリーノ。 森の中で迷って鬼の家に入ってしまいます。鬼に食べられない為にせっせと働くグズリーノを見て鬼は「もっとゆっくり働け」と注文します。しばらくして家に帰りたいとグズリーノが言うと、鬼は金のうんこをするロバをおみやげにくれます。ところが帰る途中立ち寄った宿屋のおかみさんに、そのロバを取られてしまいます。グズリーノは泣きながら鬼の家にもどります。鬼は次の宝物をくれますが…。
コンチェルティーナの弾き語りと三つに別れた舞台で、幼児の好きな繰り返しのリズムに乗って、イタリアの昔話を伝えます。

脚本・演出 西村和子
美術 永島梨枝子
音楽 一ノ瀬季生
上演時間 約25分

(同時上演:「三びきのくまさん」)