シベリア・トゥバ族の民話より

ゆうかんな山羊アナイ

狼に襲われそうになった2匹の子山羊を助けたのは、なんと同じ山羊のアナイでした。アナイは「メェーメェー」と啼かず「ボールボール」と啼きます。そのほうが勇気がわいてくるからなんです。ゆうかんなアナイが、乱暴な狼や熊を「ボールボール」と追い出してしまうお話。子どもたちの目の前で、毛糸のセーターがいつの間にか山羊や狼に大変身。独創的な人形劇です。

脚色 高平和子
演出 奥村佳子
美術 高平和子・奥村佳子
音楽 一ノ瀬季生
上演時間 約20分