はてしない物語

創立70周年記念作品
第117回公演『はてしない物語』
原作/ミヒャエル・エンデ 訳/上田真而子、佐藤真理子(岩波書店刊)
DIE UNENDLICHE GESCHICHTE by Michael Ende
Puppet stage rights licensed by AVA International GmbH, München

脚色 宮本敦
演出 東口次登
人形美術 永島梨枝子
舞台美術 西島加寿子
音楽 一ノ瀬季生
照明 永山康英

ドイツ・ファンタジー文学の傑作を人形劇化!

【ものがたり】

運動も勉強も出来ない臆病な少年バスチアンは、家にも学校にも居場所を失い、逃げ込んだ古本屋で、「はてしない物語」という本に惹き込まれる。本の中のファンタージエンという世界は滅亡の危機に瀕し、勇敢な少年アトレーユが世界を救うための旅に出る。幾多の困難にも諦めず立ち向かうアトレーユに、バスチアンは憧れを抱きながら、共に旅をするように読み進める。やがてアトレーユの探していた「救い主」が自分であることを知り、バスチアンは逡巡の末、意を決して本の世界に飛び込んで行く。
 バスチアンは想像の膨らむままファンタージエンを再創造していき、力や勇気など自らの望みを次々叶えていく。一方で現実世界の記憶は失われていき、他界した母の記憶・自分に無関心な父の記憶も消えてしまう。元の世界に帰るべきだというアトレーユの忠告に耳を貸さず、臣従してきた魔術師サイーデの勧めに従い、バスチアンはファンタージエンの新たな王となることを宣言。それを阻止しようとしたアトレーユを斬りつけてしまい、自らを見失う。
バスチアンが再び現実に立ち向かうための、かけがえのない体験――

ファンタジーから生まれる未来
いじめられっ子で一人ぼっちの少年は、本の中の世界が生きがいだった。そこは、想像すればするほど、まだ見ぬ世界へ連れていってくれる幸福な時間、不思議な力をもつ首飾りと白い竜に乗って英雄にだってなれる!自分が想像した不思議な生き物、人物と出会い、戦い、励まし合い、自分自身と向き合う、人形劇ならではの物語。これからどう生きていくべきか、想像する力を信じれば、自分の未来が見えてくる、クラルテ版・ファンタージエン!
演出/東口次登

【公演スケジュール】

計3会場・5ステージ
2018年9月2日(日)新神戸オリエンタル劇場(神戸市中央区)10:30/15:00
2018年9月9日(日)クレオ大阪中央・ホール(大阪市天王寺区)10:30/15:00 
2018年9月15日(土)吹田市文化会館メイシアター・中ホール(吹田市)14:00 
☆クレオ大阪・吹田公演は大阪劇団協議会による劇フェスに参加予定

【入場料】

チケット販売開始6月20日(水)
一般3,600円、子ども(4才~中学生)2,600円、25才以下/65才以上割引3,000円
当日料金:400円増 全席指定席 3歳以下入場不可
クラルテ友のかい割引 2割引

協力/岩波書店 他  後援/大阪ドイツ文化センター 他