現代作家の絵本より

ゆらゆらばしのうえで

お腹を空かせたきつねがうさぎを追いかけています。ちょうど谷間にかかっていた橋にやってきた時、はげしい嵐に橋が壊れて、残ったのはシーソーのような1本の丸太のゆらゆら橋と、その両端に取り残されたうさぎときつね。前に進んでもゆらり、後ろに下がってもゆらーりと、身動きがとれません。そのうち日が暮れて夜になります。絶体絶命の状況下、一夜を共に過ごしながら2匹はどうなるのかな?

原作 きむらゆういち(福音館書店刊)
脚本 高平和子
演出 東口次登
美術 松原康弘
音楽 一ノ瀬季生
上演時間 約25分