クラルテオリジナル

森のちいくまちゃん

春近いまだ雪の残る森の中の家に、おおくまさんと、ちいくまちゃんが暮らしていました。
ある日、ちいくまちゃんはひとりでお留守番をすることになりました。森もおうちもしーんとしています。と、突然どおんと扉が開いて、小さい小さいくまの赤ちゃんがそりに乗って飛び込んできました。まだまだ甘えん坊のちいくまちゃんは、風の音やキツツキの木を叩くような音にびっくりしながらも、赤ちゃんとがんばります。
2000年度 厚生省中央児童福祉審議会特別文化財

作・演出 西島加寿子
美術 永島梨枝子
音楽 一ノ瀬季生
上演時間 約20分