現代作家の絵本より

おまえうまそうだな

ある日、迷子の卵から恐竜のアンキロサウルスの子どもが生まれました。おとうさんもおかあさんも見つからず、ひとりぼっちの恐竜の子は「さみしいよ・・・」そこへやってきたのは・・・お腹をすかせたティラノザウルスでした。「ヒヒヒヒ。おまえ、うまそうだな。「おとうさん!」「エエッ。な、なんでおれさまが、おとうさんなんだ!?」 ずっと昔、恐竜たちが住んでいた世界で出会った2人(?)のちょっとおかしくて、そして心温まるお話です。

原作・絵 宮西達也(ポプラ社刊)
脚色 松本則子
演出 藤田光平
美術 松原康弘
音楽 一ノ瀬季生
監修 西村和子
上演時間 約25分