あぶないふたり

 

つげくわえ(くわえぱぺっと・ステージ)と
西村和子(人形劇団クラルテ)による人形劇ユニット
『あぶないふたり』

★抱腹絶倒!大人のための人形劇★

 

「猫の事務所」

原作/宮沢賢治 脚色/つげくわえ 美術/永島梨枝子 音楽/茨木新平

軽便鉄道の停車場近くにある猫の第六事務所は、猫のための歴史と地理案内所。
そこには大きな黒猫の事務長、一番書記の白猫、二番書記の虎猫、三番書記の三毛猫、
そして四番書記のかま猫がいた。
かま猫は、三人の書記にいじめられながらも、仕事に励み続けていた。
差別やいじめの虚しさを描いた作品を、木彫りの人形で演じます。
 

「のはらうた」

原作/工藤直子
工藤直子さんの、自然を題材にした詩集から。
ピアノの演奏に合わせて、手袋や靴下で表現します。
 

「あぶないふたり」

作/つげくわえ 美術/ごうどやすこ 音楽/茨木新平
バアさん二人が穴に落ちちゃった!
だれか〜! だれか〜! たすけて〜!
なんの音もしない。あかん、だぁれも通ってへん。
そら、立ち入り禁止って書いてあったもん!!
あきらめ気味の二人は、昔話に花が咲き、、、。
 

<3本立て>