現代作家の絵本より

ゴリラのパンやさん

森の中に小さな車がとまったかと思うと、かわいいパン屋さんが開店しました。でもパンを焼いているのは、なんとゴリラくん。パンはとっても上手に焼けたけど、ゴリラを見ると、お客はみんな逃げてしまいます。がっかりしょんぼりのゴリラくん。でもうさぎのこどもは平気です。パンを食べてびっくり、おいしいのなんの。おかげでパンはみんな売り切れ、ゴリラくんは元気に帰ります。
1996年度 厚生省中央児童福祉審議会推薦文化財

原作 白井美香子
原画 渡辺あきお ©Mikako shirai, Akio Watanabe
脚色・演出 松本則子
美術 西島加寿子
音楽 一ノ瀬季生
上演時間 約25分

(同時上演:「うさぎのおうち」)