現代作家の絵本より

きつねのおふろ

「まるまるふとったうさぎが食べたいなあ!」
ある山のそのまた奥の森の中。木の実ばかりであきたきつねが、大きなおふろをつくりました。うさぎをおびきよせて、おふろでゆでて、あとはパクッ!という作戦です。「さあ、きつねのおふろですよ」ところがやってくるのは、しかのじいさん、サルの団体、渡り鳥たち。かってにおふろに入って、上機嫌で帰って行きます。きつねはちっともおもしろくありません。おなかもペコペコです。とうとう、大きなくままでやってきて、お湯がすっかりなくなってしまいます。きつねが水をくんで、フラフラしながら帰ってくると、おふろの中にいたのは…。冬が近づく山の中の、少しドキドキ、そしてポカポカしてくる人形劇です。「さあ、きつねのおふろですよ。あったまりますよ!」

原作 国松エリカ(偕成社刊)
脚色・美術 永島梨枝子
演出 藤田光平
音楽 一ノ瀬季生
上演時間 約20分

(同時上演:「かってなくま」)