日本の昔話から

まてまて小僧

山のてっぺんに赤い花が三つ美しく咲いていました。でも、それは山んばが人よせに咲かせていたのです。
その花を見上げるお寺の小僧さんがいました。「花を取りに行きたい!」という小僧さんに、和尚さんはお札を三枚持っていかせます。山の上にはきれいな娘さんがいて・・・。
みんながよく知っている三枚のお札の民話をベースに、小僧さんの心の成長をコミカルに上演します。

脚本・演出 松本則子
美術 永島梨枝子
音楽 一ノ瀬季生
上演時間 約30分

(同時上演:「気のいいおんどり」)