現代作家の絵本より

だってだってのおばあさん

ある家に、5さいのねこと98さいのおばあさんが住んでいました。ねこは毎日おばあさんを魚つりにさそいます。でも返事はいつも「やめておくわ。だって、あたしは98さいだもの」
そしておばあさんの99さいの誕生日がやってきました。ねこは99本のろーそくを買いに行きますが、帰る途中うっかり川に落としてしまいます。拾えたのは5本だけ。ケーキの上には、ろーそくがたったの5本。「おばあちゃん、5さいになっちゃったね」「あら、ほんとうだね。あたしの5さいのおたんじょうび、おめでとう!」
次の日、5さいのおばあさんは、ねこといっしょに元気に魚つりに出かけます。

原作 佐野洋子(フレーベル館刊)
脚色 宮本敦
演出 西村和子
美術 永島梨枝子
音楽 一ノ瀬季生
上演時間 約25分

(同時上演:「ねえ とうさん」)